お金のパーソナルトレーナー 〜FutureVision’s diary〜

【お金のパーソナルトレーナー LINE@:@uaj8236y 】個別・対面での相談に特化することで、iDeCoや法人型の確定拠出年金、つみたてNISAの運用内容の選び方のポイント。生命保険の良さと不都合な真実、IPO投資や家計の固定費削減などをレッスンしています。

資産運用の提案で「あなたはこれをやっていますか?」と聞くのは、騙される傾向のある人です

【資産運用の提案で「あなたはこれをやっていますか?」と聞くのは、騙される傾向のある人です】

 

 

貯蓄・資産運用で、相手がやっていることを聞くのは、騙される傾向のある人だと考えています。

 

リスクの取り方、資産規模、年齢や属性、それに応じて適しているものは変わりますから。

 

 

悪い典型例は、商品を提案されて、「あなたはこれをやっていますか?」と聞くことです。

 

この場合の答えは、大きく言うと Yes/No の2択になります。

 

つまり、『相手が何の考えも持っていない素人でも回答できる』質問です。

 

 

そして完全に自分自身の頭で考えることを拒否する質問になるので、典型的な騙される傾向のある人となります。

 

相手が自分と一緒に沈んだ場合でも、本当にそれで納得できるんですかね。。。

 

 

 

沈む船に乗りたくないなら、「沈まない方法」を聞くのが良いのではないでしょうか。

 

 

ここで聞くべきなのは、「あなたがやらない貯蓄・資産運用の方法は何ですか?」のような質問ではないでしょうか。

 

つまり、Yes/Noではないため、その人の考え・見識がより深く出てきます。

 

ただの商品販売なのか、様々な考えを踏まえての提案や相談なのかは色濃くわかります。